CLOSE

経営協議會

経営協議會の審議?報告事項については 経営協議會【審議?報告事項】一覧 をご覧ください。

経営協議會は、本學の経営に関する重要事項を審議する組織です。 本學の組織?運営規程では、以下のとおり規定しています。

國立大學法人小樽商科大學組織?運営規程 (平成16年4月1日制定)」より抜粋

第12條 本學に、経営に関する重要事項を審議する機関として、経営協議會を置く。

2 経営協議會は、次に掲げる委員で組織する。

(1) 學長

(2) 理事(総務?財務擔當副學長兼務)

(3) 理事(教育擔當副學長兼務)

(4) 學長が指名する職員  2名

(5) 本學の役員又は職員以外の者で大學に関し広くかつ高い識見を有するもののうちから、次條第1項に規定する教育研究評議會の意見を聴いて學長が任命するもの  6名

3 経営協議會は、次に掲げる事項を審議する。

(1) 中期目標についての意見に関する事項のうち、本學の経営に関するもの

(2) 中期計畫及び年度計畫に関する事項のうち、本學の経営に関するもの

(3) 學則(本學の経営に関する部分に限る。)、會計規程、役員に対する報酬及び退職手當の支給の基準、職員の給與及び退職手當の支給の基準その他の経営に係る重要な規則の制定又は改廃に関する事項

(4) 予算の作成及び執行並びに決算に関する事項

(5) 組織及び運営の狀況について自ら行う點検及び評価に関する事項

(6) その他本學の経営に関する重要事項

4 経営協議會に議長を置き、學長をもって充てる。

5 議長は、経営協議會を主宰する。

6 第2項第4號及び第5號の委員の任期は、2年とする。

7 前項の委員に欠員が生じたときの後任者の任期は、前任者の殘任期間とする。

8 経営協議會は、構成員の3分の2以上の出席をもって成立する。

9 経営協議會の議事は、出席者の過半數をもって決し、可否同數のときは、議長の決するところによる。

10 経営協議會が必要と認めるときは、構成員以外の者を出席させ、意見を聴くことができる。

経営協議會(名簿)

學 內 委 員
 氏  名 職  名
穴沢 眞 (あなざわ まこと) 學長
江頭 進 (えがしら すすむ) 理事 (総務?財務擔當副學長)
鈴木 將史 (すずき まさふみ) 理事 (教育擔當副學長)
近藤 公彥 (こんどう きみひこ) 副學長
片桐 由喜 (かたぎり ゆき) 商學部企業法學科教授
學 外 委 員
 氏  名 職  名
上林 猛 (かんばやし たけし) 前小樽市副市長
栗田 啓子 (くりた けいこ) 東京女子大學現代教養學部國際社會學科教授
佐藤 一彥 (さとう かずひこ) 前室蘭工業大學長
杉江 俊太郎 (すぎえ しゅんたろう) 杉商株式會社代表取締役社長
福田 恭一 (ふくだ きょういち) 公益社団法人緑丘會副理事長
舟本 秀男 (ふなもと ひでお) 株式會社財界さっぽろ代表取締役社長

Column 商大探舎 Vol.4

ローラー?スケート部

開學翌年(明治45年)には野球部が創設されるなど、様々な運動部が生まれていた。中でもユニークなのはローラー?スケート部だった。坂本陶一教授の呼びかけで、「運動具としてローラースケートを採用したのは、恐らく日本中で我が學校を嚆矢と言ふる事が出來る。いや東洋中といっても差支あるまい」(『校友會雑誌』第五號)と自負したが、坂本教授の留學とともに下火となり、アイス?スケートに転じる。しかし、これもスケート場が近場にないため、振るわなかった。

ローラー?スケート部

資料
請求
星空影院-星空影院电视免费播放-星空影院a片在线播放