CLOSE

教育研究評議會

役員會の審議?報告事項については教育研究評議會【審議?報告事項】一覧 をご覧ください。

教育研究評議會は、本學の教育研究に関する重要事項を審議する組織です。本學の組織?運営規程では、以下のとおり、規定されております。

國立大學法人小樽商科大學組織?運営規程 (平成16年4月1日制定)」より抜粋

第13條 本學に,教育研究に関する重要事項を審議する機関として,教育研究評議會を置く。

2 教育研究評議會は,次に掲げる評議員で組織する。

(1)學長
(2)理事(総務?財務擔當副學長兼務)
(3)理事(教育擔當副學長兼務)
(4)副學長
(5)保健管理センター所長
(6)言語センター長
(7)情報処理センター長
(8)グローカル戦略推進センター教育支援部門長
(9)グローカル戦略推進センターグローカル教育部門長
(10)グローカル戦略推進センター産學官連攜推進部門長
(11)國際連攜本部長
(12)學科長及び學科主任
(13)現代商學専攻長
(14)アントレプレナーシップ専攻長
(15)アントレプレナーシップ専攻教授會の議を経て學長が選任したアントレプレナーシップ専攻に所屬する教員 1名
(16)學部教授會の議を経て學長が選任した各學科等及び言語センターに所屬する教員 6名

3 前項第13號及び第14號の評議員の任期は,2年とする。

4 前項の評議員に欠員が生じたときの後任者の任期は,前任者の殘任期間とする。

5 教育研究評議會は,次に掲げる事項を審議する。

(1)將來構想に関する事項
(2)中期目標についての意見に関する事項(経営に関する部分を除く。)
(3)中期計畫及び年度計畫に関する事項(経営に関する部分を除く。)
(4)學則,組織及び運営に関する重要な規則(経営に関する部分を除く。)の制定又は改廃に関する事項
(5)教員人事に関する事項
 ア 教員人事の計畫?方針
 イ 採用及び昇任人事
 ウ 休職,免職,懲戒,服務
 エ 名譽教授の稱號授與
 オ 割愛
(6)教育課程の編成に関する方針に関する事項
(7)學生の円滑な修學等を支援するために必要な助言,指導その他の援助の方針に関する事項
(8)學生の入學,卒業又は課程の修了その他學生の在籍に関する方針及び學位の授與に関する方針に係る事項
(9)教育及び研究の狀況について自ら行う點検及び評価に関する事項
 ア 外部評価
 イ 自己點検評価
 ウ 第三者評価
(10)大學間交流の方針,大學間交流協定の締結
(11)第2項第5號から第9號に掲げる長,専攻長,學科長及び學科主任の選任
(12)各種委員會の設置,廃止
(13)その他教育研究に関する重要事項

6 教育研究評議會に議長を置き,學長をもって充てる。

7 議長は,教育研究評議會を主宰する。

8 教育研究評議會は,構成員の3分の2以上の出席をもって成立する。

9 教育研究評議會の議事は,出席者の過半數をもって決し,可否同數のときは,議長の決するところによる。

10 教育研究評議會が必要と認めるときは,構成員以外の者を出席させ,意見を聴くことができる。


教育研究評議會(名簿)

(令和2年4月1日現在)

役職名 氏名 備考
學長 穴沢 眞
理事(総務?財務擔當副學長兼務) 江頭 進
理事(教育擔當副學長兼務) 鈴木 將史
副學長 近藤 公彥
保健管理センター所長 高橋 恭子
言語センター長 副島 美由紀
情報総合センター長 平沢 尚毅
グローカル戦略推進センター教育支援部門長 佐野 博之
グローカル戦略推進センターグローカル教育部門長 プラート カロラス
グローカル戦略推進センター産學官連攜推進部門長 李 済民
國際連攜本部長 小林 友彥
學科長 水島 淳恵 商學部経済學科
學科長 坂柳 明 商學部商學科
學科長 國武 英生 商學部企業法學科
學科長 沼澤 政信 商學部社會情報學科
學科主任 岡部 善平 商學部一般教育系
現代商學専攻長 金 鎔基
アントレプレナーシップ専攻長 齋藤 一朗
學科等所屬教員 中島 大輔 商學部経済學科教授
學科等所屬教員 伊藤 一 商學部商學科教授
學科等所屬教員 河森 計二 商學部企業法學科教授
學科等所屬教員 加地 太一 商學部社會情報學科教授
學科等所屬教員 中川 喜直 商學部一般教育系教授
言語センター所屬教員 ホルスト マーク 言語センター教授
アントレプレナーシップ専攻所屬教員 小林 敏彥 アントレプレナーシップ専攻教授

Column 商大探舎 Vol.13

外國語劇

1920年代後半、學生の課外活動の一つに「外語部」があった。その中心は外國語劇大會の主催だった。実際の出演者は英語や各第二外國語のクラスからの選抜者で、教員陣も指導?演出にあたる全國的な行事だが、會場の設営や運営、プログラムの作成などで、外語部の奮闘が不可欠だった。毎年11月か12月の2日間、一般市民にも公開され、ときには英米、舊ソ連の領事館関係者も見學にやってきた。外國語劇は小樽高商の名物行事だった。

外國語劇 獨語

資料
請求
星空影院-星空影院电视免费播放-星空影院a片在线播放