CLOSE

內部統制に関する基本方針

學長裁定

平成27年3月2日

國立大學法人小樽商科大學(以下「本學」という。)は、役員(監事を除く。)の職務 の執行が國立大學法人法又は他の法令に適合することを確保するための體制その他業務の適性を確保するための體制(以下「內部統制システム」という。)に関する基本方針を次のとおり定める。

1.內部統制システムの整備?運用について

  1. 本學における內部統制システム最高責任者は、學長とする。
  2. 本學における內部統制システム推進責任者(以下「責任者」という。)は、理事(総務?財務擔當副學長兼務)とする。
  3. 責任者は、內部モニタリング體制を整備することにより、業務執行が法令等に適合することを確保するものとする。
  4. 責任者は、定期的な連絡の機會を設け、役員に対し、內部統制システムに関する必要な報告が行われることを確保するものとする。
  5. 責任者は、學長から役職員への意志の伝達及び職員から役員への必要な情報を伝達する機會を確保するものとする。
  6. 本學は、事務職員の定期的な人事ローテーションを確保するとともに、長期在籍者を把握することにより、業務の適性を確保するものとする。
  7. 本學は、中期計畫等の進捗管理及び中期計畫等に基づく業務の評価を定期的に実施し、評価活動の結果を予算配分等に活用するものとする。

2.コンプライアンスの推進について

  1. 本學は、コンプライアンスを推進し、適正かつ公正な業務遂行を維持することにより、國立大學法人としての社會的責任を果たし、社會からの信頼を確保するものとする。
  2. この方針において「コンプライアンス」とは、法令及び學內規程(以下「法令等」という。)を遵守するだけでなく、法令等違反を予防し、法令等違反を早期に発見し迅速かつ適切に処理するための一切の活動をいう。
  3. 本學の役職員は、コンプライアンスの目的及び趣旨を理解し、その重要性を深く認識して行動するものとする。
  4. 本學は、コンプライアンスの推進のために、関連する學內組織を整備するとともに、コンプライアンス推進の過程で生じた事象に関しては、必要な措置を講ずるものとする。
  5. 本學は、法令等違反又はその可能性について、早期に把握できる體制を整備するものとする。

3.リスク評価と対応について

  1. 本學は、教育、研究その他の大學運営に影響を及ぼす又はそのおそれがある様々な事象に、迅速かつ的確に対処するため、リスクマネジメントを実施するものとする。
  2. 本學は、施設の定期的な點検及び必要な補修を行うものとする。
  3. 本學は、反社會的勢力に対する方針について、次のとおり定める。

    • 大學の社會的責任を踏まえ、反社會的勢力と一切の関係を持たず、反社會的勢力による不當要求に応じない。
    • 反社會的勢力からの不當要求に対し、民事及び刑事の両面から法的対応を行うものとし、當該要求の理由の如何に関わらず、一切、応じない。
    • 平素から、弁護士等の外部専門機関との緊密な連攜関係を構築し、國及び地方公共団體が実施する反社會的勢力排除に関する施策に協力するよう努める。
    • 反社會的勢力に対応する役職員及び関係者の安全を確保する。

4.入札?契約に関する相互牽制の確立について

  1. 本學は、契約事務の適切な実施及び契約事務における相互牽制の體制を確立するものとする。

5.研究に係るリスクの管理について

  1. 本學は、研究活動において、內部牽制機能による研究費の適正管理、研究不正の防止及び知的財産を保護するため、必要な措置を講ずるものとする。

6.情報の適切な管理について

  1. 本學は、情報セキュリティを確保するとともに、情報漏洩の防止に関する取組を推進するものとする。
  2. 本學は、個人情報の適切な管理にあたり必要とされる取組を実施し、実施狀況を定期的に點検するものとする。
  3. 本學は、文書の適切な保存管理及び情報管理のため、必要な措置を講ずるものとする。

7.監事及び監事監査について

  1. 本學は、監事の権限や職務內容を明確にするとともに、監事監査が円滑かつ適切に実施されるよう必要な措置を講ずるものとする。
  2. 本學は、學長、理事、監事及び會計監査人の意思疎通を確保できるよう定期的な意見交換の場を設けるものとする。

8.內部監査及び公益通報について

  1. 本學は、內部監査を実施し、內部監査の結果及びそれに対する改善措置狀況を、學長に報告するものとする。
  2. 本學は、公益通報に関する體制を整備するものとする。

Column 商大探舎 Vol.6

シャンツェ

1931(昭和6)年、校內にシャンツェ(スキージャンプ臺)が完成した。日本のスキー競技の指導のため來日していたノルウェーのヘルセット中尉一行が小樽を訪れた際、小樽高商が候補地の選定を依頼したのがきっかけ。建設費用は文部省から配分された體育設備費で、2カ年計畫により作られた。「緑丘」第58號には、「思ひ切り飛んで浮世の苦労を忘れるのも又一興。だがあまり飛びすぎて、學期試験もジヤムプしないように???」とある。このシャンツェからは多くの優秀なジャンパーが輩出した。

シャンツェ

資料
請求
星空影院-星空影院电视免费播放-星空影院a片在线播放