CLOSE

令和2年度
新入生へのお祝いの言葉

新入生へのお祝いの言葉にあたり

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、令和2年4月2日(木)に挙行を予定していた令和2年度小樽商科大學入學式は中止することといたしましたが、學長式辭及び來賓祝辭については、本學ウェブサイトから動畫配信することといたしました。

新たな大學生活のスタートに際し、入學式を実施できないことは大変殘念ですが、學長および來賓のメッセージを受け取っていただければ幸いです。

學長 式辭

全文を読む
小樽商科大學入學式 式辭(2020年4月2日)
小樽商科大學學長 穴沢 眞

商學部ならびに大學院の新入生の皆さん、入學おめでとうございます。ご父兄の皆様もお喜びのことと思います。
小樽商科大學を代表して、新入生の皆さんが本學の一員となることを心から歓迎致します。

殘念ながら、今回皆さんのために用意していました入學式は新型コロナウイルスの北海道を含む全國的な感染者の増加、そして、その終息時期が見通せないことから、皆さんの健康管理を最優先し、中止させて頂きました。
入學式自體は中止となりましたが、皆さんの人生の節目である入學に対して、この映像で皆さんへのお祝いの言葉を屆けたいと思います。

新型コロナウイルスは中國で感染者が見つかり、武漢市で急速に拡大し、その後、韓國、日本、そして中東、ヨーロッパ、さらにはアメリカにも感染が拡大しています。
これは見方を変えると、グローバル化の負の側面を示しています。武漢市にはホンダの工場もあり、多くの日本人の方々もビジネスに従事していました。企業が、そして人々が世界中を移動する時代となったのです。

新型コロナウイルス感染癥の蔓延により、人々の移動は制限され、また、國境封鎖なども行われています。
新型コロナウイルス感染癥の一日も早い終息を願うばかりですが、これまでも揺れ戻しを経験しながら、グローバル化は進んできました。大きな流れとしての経済のグローバル化自體を止めることはできません。
我が國にとっても、そして北海道にとっても経済のグローバル化は経済活性化のために必要です。グローバル化のプラスの面をうまく取り込み、マイナス面を極力抑える努力が求められています。

経済のグローバル化に対応するため、本學は2013年に「No.1グローカル大學宣言」を出しました。グローカルとは、グローバルとローカルを一つにした造語ですが、今では広く浸透してきています。
グローバルに考え、ローカルに行動することができる、そのような、今後の北海道の経済発展に貢獻できる人材の育成を、本學は見據えています。

また、2017年にグローカルマネジメント副専攻を開始し、本學の學生が、海外の協定大學からの留學生とともに、経済やビジネス関連の専門科目を英語で學ぶ機會を増やしました。來年度からはグローカルマネジメント総合入試も導入されます。

すでに本學は、多くの短期語學研修の制度を設けています。これ以外にも、20以上の海外の協定大學への長期派遣である、交換留學の制度もあります。このような制度を利用して、語學や異文化対応などのスキルを向上させてもらいたと思います。

本學の教育の基本の一つは語學教育にあります。この語學教育を含め、本學は「実學?語學?品格」を教育のモットーとしてきました。これは、本學が明治44年、1911年に我が國で5番目の高等商業學校として設立された際に、初代校長、渡邊龍聖が掲げたものです。そして、その後、100年以上、脈々と受け継がれてきました。
大學の正門を入った左手に渡邊龍聖先生の寫真と「実學?語學?品格」と書かれたモニュメントがあります。
時代が移り変わろうとも、教育の基本は変わることはありません。

ここで言う「実學」とは、現実に即した學問というだけでなく、幅広い教養と高度な専門性に裏付けられた実踐的な學問です。
そのために本學では一般教育において歴史や文學、自然科學などの科目を揃えています。
そのうえで、経済學科、商學科、企業法學科、社會情報學科において、より専門的な教育を行っています。

さらに高度な教育は大學院において行われています。大學院商學研究科では修士課程、博士後期課程において、高い専門性を持った教育を行っており、研究者の育成も行っています。札幌サテライトにある専門職大學院、いわゆるビジネススクールでは、高度専門職業人の育成を目的に、主に社會人に対して実踐的な教育に力を入れています。

実學?語學?品格のうち品格、別の言葉で言えば、「人格の修養」が教育のモットーとなっていることは、ビジネスが人と人との協業であり、お互いに信頼しあい、協力し合うための基本となっているからです。
明治の実業家、渋沢栄一もその著書『論語と算盤』の中で特に若い人々に対して自分を磨き上げることを推奨しています。

しかし、どのような教育のモットーがあったとしても、大學では皆さんが主體的に學ぶという姿勢が求められます。これまで皆さんが経験してきた小?中?高での勉強の方法と大學での勉強には大きな違いがあります。
大學で何をどう學んでゆくかは基本的に皆さん一人一人が主體的に考えて行かなければなりません。どの科目を履修するのかということも皆さんが選択することになります。授業も講義形式のものからアクティブ?ラーニングのように、課題研究やプレゼンテーションなど學生が中心となるものが増えてきています。

そして、雙方向的な授業の最たるものが研究指導、いわゆる、ゼミです。3年生、4年生の2年間指導教員や他のゼミ生とともに専門分野について少人數で學びます。ゼミでの少人數教育も本學の教育の特徴の一つです。
そこで學問を究めるだけでなく、生涯の友と出會うこともできます。

皆さんが主體的に學べるよう、図書館はグループワークなどにも活用できるような工夫がなされています。
そして、その入り口の壁にはラテン語でアルス?ロンガ、ウィータ?ブレウィスという文字があります。
英語ではArt is long, life is shortとなります。技術や蕓術の習得には長い時間がかかるが、人生は短い、という意味です。

大學の4年間、大學院の2年間は本當にあっという間に過ぎ去ってしまいます。
時間を無駄にせず、有意義な學生生活を送って頂きたいと思います。

また、これまでの入學式の式辭でも繰り返し述べられましたが、8年前、本學のグラウンドにおいて運動クラブの學生が飲酒により死亡するという事故が起こりました。この學生は入學したばかりの1年生でした。亡くなられた學生には心からの哀悼の意を表したいと思います。
一方で、私達はこの事故を教訓とし、二度とこのような不幸な事故を起こさないことを誓いました。
その誓いの石碑が體育館の玄関橫にあります。未成年の飲酒は法律で禁じられています。それだけでなく、飲酒は時には死につながる危険な行為でもあります。私達も皆さんにとって安全で安心できるキャンパス作りに努力していきますが、皆さん自身もルールを守り、充実した學生生活を送って頂きたいと思います。

最後になりますが、新型コロナウイルス感染癥が終息し、通常の大學生活が戻り、キャンパスで皆さんに會えることを楽しみにしています。

緑丘會理事長 祝辭

全文を読む
小樽商科大學入學式 祝辭(2020年4月2日)
公益財団法人緑丘會理事長 島崎憲明

新入生の皆さん、小樽商科大學への入學おめでとうございます。
商大の同窓生組織であります緑丘會を代表して心よりお祝い申し上げます。
今年の入學式は新型コロナウイルスの感染拡大、北海道での緊急事態宣言という未曽有の事態を鑑みて、一堂に會しての式典は中止となりました。皆様にはビデオメッセージにてお祝いの言葉をお伝えします。
新入生の皆さんにおかれては、これから始まる小樽での學園生活に希望と期待に胸を大きく膨らませてこの場におられると思います。私は半世紀ほど前に入學しましたが、商大生であった4年間は卒業後の年月と比較しますと短い期間でありますが、大変充実した中身の濃い日々であったと思います。

商大の「実學」「語學」「品格」を重視した教育は、今も昔も変わらない本學の教育の特徴ですが、他の社會科學系大學と比べて、商大が誇れる強みは何でしょうか?
例を挙げれば、第一に、女性の一層の活躍が期待される今日において女子學生が4割以上を占めていること。
第二に、ベンチャーや起業?創業を後押しする大學院?アントレプレナーシップ専攻があること。
第三に、ゼミやクラブ活動が活発で充実していること。
第四に、留學生との交流や、充実した海外留學制度を活用して多様性を學び、國際性を身につける機會が多いこと、などが特徴であり強みだと思います。

小樽商科大學は、規模は小さいけれども、創立以來100余年にわたりグローバルな人材を北海道はもとより全國、海外に送り出してきました。この小樽のまちと共に歴史を刻んできた母校は、創立以來の伝統と精神をしっかりと守り、今日まで、チャレンジスピリットに富み、気骨溢れる有為な人材を育て、地元北海道はもとより全國、さらには海外に送り出してきました。
産業界はもとより、國內外のさまざまな分野での商大同窓生の活躍は、高く評価されているところです。
大學でどのようなことを學び巣立っていくのか、皆さんはどのようなプランを持っていますか?
先輩から2つほど助言をしたいと思います。

第一は、常に國際的視點を持って、課題を見つけ、それを解決する能力を磨いて欲しいということです。
今までよりも広い視點から物事を見て、多様なバックグランドを持つ人達との切磋琢磨を通じて皆さんの人間力を高める努力をしてください。軸足はこの北海道に置きながらも、國際的な動向にも強い関心を持って學園生活を送って頂きたいと思います。
道內で職を求める場合であっても、グローバルな視點を欠くことはできない時代になっており、今後は益々この傾向は強まるでしょう。
新型コロナウイルスの感染拡大は北海道の産業や経済にも大きな影響を與えつつあり、海外からのインバウンド観光や食を中心とした道産品の海外向け輸出などへのネガティブ?インパクトは深刻に懸念されるところです。北海道の産業?経済にとって、海外との交易や人的交流は必要不可欠なものとなっていること改めて認識してください。

皆さんには、深く考えて洞察する力、問題を発見する力、解決する力を磨いてほしいと思います。入學試験は過去問、すなわち、答えのある問題を解くことでしたが、今日から始まる學園生活では答えのない課題へ挑戦し、自身の頭で深く考えて課題の解決策を見つける、この経験を繰り返し積んで頂きたいと思います。

第二は、大學での4年間に、勉學に加え、これはという経験を積んで欲しいということです。
スポーツでも文化的なことでもよいのです、夢中になって打ち込んだ経験が社會に出てから大きな自信になり、様々な試練を乗り越える上での財産となるでしょう。

改めて申し上げますが、小樽商科大學の良さの一つは、小規模な単科大學であるがゆえに、學生、教職員、卒業生の一體感が強いということです。
この緑丘で培われた絆が、全國有數の同窓會組織である小樽商科大學同窓會「緑丘會」を核にして、社會に出た後も続いています。

この絆を維持し、更に高めるのは、皆さん一人一人が主役です。
これからの緑丘での學園生活を通して、皆さん自身が主體的に行動し、お互いに能動的な働きかけを行うことから始め、まずは、同級生同士の絆を深る努力をしてください。
それが年次や世代を超えた関係に発展し、広がっていくはずです。

皆さんは今、真っ白なキャンバスの前に立っています。
有意義な4年間を過ごし、自分自身の絵を思う存分描いてみてください。
最後になりますが、皆さんの前途を祝し、私の挨拶とします。

同窓會「緑丘會」の紹介

本學卒業生の同窓會であり、大學の行うキャリア開発教育に対する支援及び関連事業の運営支援、並びに就職支援事業の企畫?運営、資金支援等を通じて、青年産業人材の健全な育成に寄與することを目的としています。

全文を読む
2020年入學の皆さんへ
緑丘會 事務局長 永井健夫

皆さんご入學、誠におめでとうございます。

今年はコロナウイルスの感染拡大を受け、殘念ながら入學式が中止となりましたが、新しい大學生活に向けて、さぞ期待に胸を膨らませていらっしゃることと思います。
皆さんには、是非この小樽という街と小樽商大での大學生活を大いに楽しんで頂くよう願っております。

さて、同窓會である「緑丘會」について4點説明をさせて頂きます。

1點目は、皆さんの大半の方は既に「緑丘會」の會員だと言うことです。
入學の際に、學生時代の4年間と卒業後の3年間の會費を納めて頂いております。
同窓會は現役學生の皆さんの支援を厚く行っておりますので、この様な形で會費納入をして頂いています。
もしまだ納めていない方がおられましたら、是非納めて頂きたいと思います。

2點目は「緑丘會」はどのような支援を行っているかです。
私たちは現役の學生さんへの資金援助や講座の提供、就職支援をしています。資金援助というのは、留學生への奨學金授與や優秀な學生さんを対象とした奨勵金の授與、TOEIC IPテストの受験費用の援助などです。

また、皆さんの先輩が講師として社會経験を伝えるエバーグリーン講座にも「緑丘會」が支援しています。
この講座は30年以上も続いており、學生の皆さんには好評を頂いています。皆さんも受講されます。是非味わってみてください。

更に、皆さんが就職を考え始められる時に、300社以上の企業を大學へ招き、企業説明會を実施するセミナーへの支援活動もしています。また學內に「就職支援室」を設置し、就職に関する相談も受けています。

3點目は、國內に24支部、海外にも支部があり、社會人に有益な各種イベントを実施しているという點です。
転勤等で勤務地やお住まいが変わっても、その土地土地で充実したネットワークに參加いただき、人脈の形成や生活の糧に活かすことができます。
また東京や札幌では「緑丘ビジネス塾」などの名稱で、若い社會人へ向けた活動も実施しております。
実社會の先輩の経験談などを學習する絶好の機會です。會報やホームページで是非ご確認ください。 

最後に、小樽商大は2021年7月に創立110周年を迎えます。

これに伴い、昨年の3月から3か年をかけまして、記念募金をお願いしています。1億円を集め、全てを大學のサークル會館補修や學生さんの留學支援等のために寄附します。
お手元に趣意書が屆いていると思いますがご理解を賜り、是非ご協力をお願いします。

校歌

小樽商科大學校歌

時雨 音羽   作詞
杉山 長谷夫  作曲

(一)
金鱗おどる渺々の
あけぼの稱う浪の唄
エルムの花に若人の
涯なきのぞみ數々秘めて
夢うるわしの緑ケ丘よ

(二)
夕陽映える白樺の
梢をわたる風の唄
慈愛の山のふところに
銀翼みがき駿足秘めて
唄ほがらかの緑ケ丘よ

(三)
蒼穹はてず道つきず
はるかに仰ぐ北斗星
栄冠迎うこの胸に
飛躍の力ひととき秘めて
花咲き匂う緑ケ丘よ

(四)
健腕拓く五大洲
凱歌はあがる我母校
感激満てる若人の
血潮に清き教えを秘めて
春永遠の緑ケ丘よ

※再生できない場合はこちら

jasrac-school

JASRAC許諾第E1904223407號

応援歌「若人逍遙の歌」

応援歌「若人逍遙の歌」は、1955年に札幌地検小樽支部長として著任した高島茂氏が作成した逍遙歌の歌詞が大學に獻呈され、當時の學生の宮內泰氏が作曲し、今も歌い継がれています。


若人逍遙の歌

高島 茂   作詞
宮內 泰  作曲

(口上)
春風颯々として山河をめぐり
百花繚亂の盛夏となりぬ
霧水來たりて百山紅を呈し
龍田の朔北(と)なれば暗雲天空を覆い嵐を呼び
紅山白山と化しその白雪の中に身を埋める

その厳しき天地のすべ我等が俗世と何の関わりが有ろうか
連山殘雪に覆われし頃比の朔北の地に移りし我等なれば
何を悩み何をば求めん

俗世の安楽冥利とは大海に漂う塵の如し
我等その塵に何ぞ命を託さんや
今こそ悪夢より覚醒出でて
打ち寄する荒波の如き熱き血潮を持って杯をかかげん
春宵の暁にいざいざいざ歌わんかな我等が命を

(一)
瑯玕融くる緑丘の
春曙を逍遙えば
浪漫の靄に街沈み
風悠久の言葉あり
瀾朶の桜花吹雪つつ
あわただしくも逝く春の
伝統古き學舎に
展ける海のはてしなき

(二)
夏白樺に囁やきて
  ハイネの詩を口ずさむ
みめ美わしきまなざしの
又なき時の愛しさ
斷崖落ちて波くだけ
オタモイ遠く帆走れば
オタルの嶺々の夕あかね
冴ゆる北斗にうそぶきぬ

(三)
秋簫條の思い濃き
  ポプラにかかる雲消えぬ
流転の行旅夢に似て
悩みの思惟を誰か知る
感傷笑うことなかれ
桜ケ丘にたたずみて
淚滂沱と憂愁の
落葉の行方誓うかな

(四)
氷雪海に傾きて
月寒ければ翻とかん
晦冥行路遠けれど
われに港の乙女あり
流星落ちて影もなし
逝く青春の足音に
生命を惜しむ若人は
永卻の杯酌まんとす

※再生できない場合はこちら

応援歌「若人逍遙の歌」の著作権について

ご入學おめでとうございます

新年度(令和2年度)の新入生オリエンテーションについて

詳細はこちらをご覧ください
資料
請求
星空影院-星空影院电视免费播放-星空影院a片在线播放