CLOSE

私學研修員制度

概要

この制度は、私立學校、専修學校、公立高等専門學校、公立大學の教職員を私學研修員、専修學校研修員、公立高等専門學校研修員、公立大學研修員、教員研修センター研修員として國立大學法人が受け入れるものです。

研修期間は1年で、その期間は4月1日から翌年の3月31日までです。ただし、特別の事情がある場合には、その期間內において、研修期間を6か月又は3か月に短縮することができます。


研修料

研修料は次に定める研修料を3か月ごとに納付してください。

區分 研究機関 研究料
私學研修員、専修學校研修員、公立高等専門學校研修員、公立大學研修員 3か月 54,120円
教員研修センター研修員 3か月 16,920円

研修員の申込手続等

  1. 私學研修員の受入は、私學研修福祉會理事長の申出に基づき、専修學校研修員の受入は、財団法人専修學校教育振興會理事長の申出に基づき、公立高等専門學校 研修員の受入は、同研修員を派遣しようとする大學長の申出に基づき、教員研修センター研修員の受入は、 同研修員を派遣しようとする學校長の申出に基づき、學長が受入を決定します。?

    ※「國立大學法人小樽商科大學研修員規程」をご參照の上、所定の申込用紙にてお申し込みください。?

  2. 本學からの振込依頼書により、所定の金融機関に研究経費を納入してください。
  3. 経費の納入確認後、研修が開始されます。

Column 商大探舎 Vol.27

卒業生の就職

新制小樽商大の最初の卒業生が出たのは、1953(昭和28)年である。商大生にとって最初の就職戦線の動向は最大の関心事であった。前年秋には「他大學の就職難の聲をよそに」、「本學のみ好調、既に7割」の見出しが躍る。その後、厳しい狀況も予想されたが、1953年1月末には「予想を裏切って殆ど完全就職」を達成した。大學からの推薦を受けて就職試験を受ける、という方式が一般的で、當時の學生運動の高まりの中、本學學生の「思想の穏健さ」が好まれたという見方もある。

「延ひ?悩む就職狀況」(『緑丘』243?24,1952.1.29)

資料
請求
星空影院-星空影院电视免费播放-星空影院a片在线播放