CLOSE

受託研究制度

概要

大學が企業等から委託を受けて、大學の教員が研究を実施し、その成果を委託者に報告する制度です。委託者には研究に必要とする経費を負擔していただくことになります。?


受託研究の委託者

特に制限はなく、民間企業、地方公共団體、獨立行政法人、特殊法人、民法第34條により設立された法人、國の機関、個人等が委託者になります。


受託研究の経費

納付していただく経費は、原則として受託研究の遂行に直接必要な経費(直接経費)と受託研究実施に伴う大學の管理等に必要な経費として、直接経費の30%に相當する額(間接経費)を合算した額となります。?

なお、委託者が國(又は國からの再委託)である場合及び委託者が、特殊法人、獨立行政法人、又は地方公共団體であって、委託者の財政事情で間接経費がないと認められる場合は、直接経費のみとすることができます。


受託研究の申込手続等

  1. 企業等から本學に、受託研究の申込みを行います。?

    ※「國立大學法人小樽商科大學受託研究規程」をご參照の上、所定の申込用紙にてお申し込みください。?

  2. 學內で受入審査を行い、學長が受入を決定します。
  3. 企業等と本學との間で受託研究契約を行います。
  4. 本學からの振込依頼書により、所定の金融機関に研究経費を納入してください。
  5. 経費の納入確認後、受託研究が開始されます。
  6. 受託研究終了後には、受託研究の成果が報告書として提出されます。

お問い合わせ先

學術情報課研究支援係

TEL:0134-27-5210 FAX:0134-27-5275

Mail:lib-kenkyu*office.otaru-uc.ac.jp

※メールを送信する際は、上記アドレスの*を@に変更してください。


Column 商大探舎 Vol.28

學生ホール(食堂)

新制大學となって問題となったのは、厚生施設の貧困さで、発足した1949(昭和24)年當時、學內に食堂はなかった。要望される施設のトップが學生食堂だった。応急的にかつてあった食堂の場所、屋內體育館の北側に設置されることになった。1952年の「緑丘」には増築新裝された學生ホールの記事があり、1953年の広告(寫真)には、天丼35円、ウドン10円の広告が載っている。

學生ホール広告 (『緑丘』245,1953.2.15)

資料
請求
星空影院-星空影院电视免费播放-星空影院a片在线播放