CLOSE

寄附講座?寄附研究部門制度

民間企業等からの奨學寄附金によって開設される「寄附講座」(學部、學科等に置く場合)、「寄附研究部門」(大學共同利用機関等に置く場合)という制度があります。寄附講座等の開設期間は最低2年、通常は5年程度とされています。

寄附講座等を開設する場合、大學に客員教授、客員助教授等を招き、教育研究に従事することになりますが、研究費や人件費は奨學寄附金によって賄われることになります。 なお、寄附講座等には、寄附者の名稱を付することができます。

國立大學法人小樽商科大學寄附講座?寄附研究部門規程


Column 商大探舎 Vol.17

行幸

1936年10月9日、昭和天皇が小樽高商を訪れた。毎年恒例の陸軍特別大演習を大元帥として統監する前後の地方行幸の一環で、學校への行幸もよく行われていた。この行幸では、室蘭、旭川、釧路、根室、帯広訪問を経て、小樽駅に到著、小樽市公會堂を視察し小樽高商へ來學。高商には40分程滯在し、苫米地校長、渡辺元校長らが「単獨拝謁」した。この10月9日は翌年から行幸記念日とされた。

行幸

資料
請求
星空影院-星空影院电视免费播放-星空影院a片在线播放