CLOSE

社會人の學び直し

1.夜間主コース

夜間主コース

夜間主コースは、働きながら學ぶ人、再教育?生涯學習を目指す人のコースです。社會人教育に力をいれ、「生涯を通じて學ぶことに意義を認め、新たな知識や世界に觸れることに喜びを見出すことのできる人」を積極的に受け入れており、さまざまな『學びたい』意欲を満たします。

夜間主コースのカリキュラムは、晝間コースと基本的には同じですが、晝間コースが専門4學科(経済學科、商學科、企業法學科、社會情報學科)の専門教育をより重視したものになっているのに対して、専門4學科の學問分野の基礎的な內容を幅広く學習する內容となり、學生は所屬する學科にかかわりなく、自己の関心に応じて自由に學習することができる「総合コース」となっております。

夜間主コース(受験生サイト)

2.アントレプレナーシップ専攻(MBA)

アントレプレナーシップ専攻(MBA)

小樽商科大學ビジネススクール:OBS は、東北以北唯一の経営系専門職大學院として産聲をあげ、誕生してから16年、起業はもとより、新規事業開発や企業?非営利組織の改革など、広く「革新」を実行しうる意識と能力を「アントレプレナーシップ」ととらえ、ビジネスの現場に內在する課題を発見し解決することのできるビジネス?リーダー、あるいはビジネス?イノベーターの育成に取り組んできました。

OBSでは、「アントレプレナーシップ」の発露はスペシャリストとしての専門能力とジェネラリストとしての統合力の融合から生まれると考え、これらふたつの能力を體系的に涵養することのできるカリキュラムを提供しています。

修了生はMBAホルダーとして社會で活躍しており、OBSをノード(結節點)とした修了生のネットワークは貴重な異分野交流の場となっています。OBSは現狀への問題意識をもち、知識?スキルを習得すること、課題発見や課題解決に不可欠な力を向上させるのに努力を惜しまない仲間を求めています。

アントレプレナーシップサイト

3.リカレント教育プログラムの実施事例

リカレント教育プログラムの実施事例

本學では、北海道経済の再生?活性化に寄與する経営マネジメント人材の育成を目的として、商學部夜間主コースや大學院商學研究科アントレプレナーシップ専攻(ビジネススクール)における正課教育とは別に、主に社會人を対象として、地域や受講者、企業の様々なニーズに対応した実踐的?専門的な社會人の學び直しプログラムを提供しています。プログラムの実施に際しては、本學のビジネススクールにおける教育ノウハウを投入し、本學教員の他、社會の第一線で活躍する経営者や有識者等を講師に招きプログラムを展開しています。

(1)産學官連攜型(業界型)

①観光産業の中核を擔う経営人材育成講座

地域経済や雇用創出において大きな役割を擔う宿泊業の強化?発展を中心に推し進め、様々な業種の機関とも連攜して観光産業を活性化する経営人材を育成することを目的に実施。本學ビジネススクール教員の他、観光産業に攜わる有識者を講師に迎え、オフサイト(研修)とオンサイト(実踐)の繰り返しによるアクション?ラーニングをベースとした教育プログラムを約半年間にわたって実施。

詳細はこちらをご覧ください。

②地域醫療マネジメントセミナー

経済産業省「産學連攜サービス経営人材育成事業」により実施してきた「地域包括ケアシステムの中核を擔う醫療経営人材育成プログラム」をビジネススクール正課科目とし、本學學生以外にも「地域醫療マネジメントセミナー」として公開。地域包括ケアシステムに向け、社會の流れを俯瞰し、地域醫療やヘルスケア等のイノベーション創出を牽引できる人材の育成を目指しています。

詳細はこちらをご覧ください。

(2)地域人材育成プログラム

プログラム名 內容
しりべし経営塾 2014年から、北海道中小企業家同友會しりべし?小樽支部と連攜し、地域の経営者や幹部を対象に先見性、リーダーシップ、問題の本質を見抜く力を養うことを目的として実施。座學と企業見學により構成した全10講にわたる講座を開講している。
ニセコビジネススクール 2014年から、ニセコ町商工會と連攜し、ニセコ観光圏における起業や変革を目指す方へのビジネスプランニングスキルの向上を図ることを目的として実施。本學ビジネススクール教員による講義とビジネスプラン発表會により構成している。
清水町アグリビジネススクール 2016年から、清水町、帯広畜産大學と連攜し、清水町の農業経営力の向上と次世代を擔う農業人材の育成を図ることを目的として実施。本學教員の他、帯広畜産大學、酪農學園大學教員による講義により構成している。

(3)企業への研修プログラム提供

ビジネススクールの教育ノウハウをベースに、企業の人材開発部門と調整のうえ研修プログラムを構築,企業のニーズに即した研修プログラムを提供しています。

<主な実績企業>

  • 生活協同組合コープさっぽろ
  • 株式會社ほくやく?竹山ホールディングス
  • 富士通株式會社
  • 凸版印刷株式會社等

Column 商大探舎 Vol.25

小樽商大発足

1949(昭和24)年5月31日に交付された國立學校設置法により、全國68の新制大學と同時に、小樽商科大學は設置された。同日付で、大野純一小樽経済専門學校長が初代學長に任命され、山村良三事務官が事務局事務取扱となった。経済専門學校としての授業が進められている一方で、すぐに開學の準備が始まり、まず6月15日から入學試験が実施された。開學式は7月7日、第1回入學式についで行われた。道內の5つの國立大學のトップを切っての開學であった。

「小樽商大輝かしく発足」 (『緑丘』21,1949.7.20)

資料
請求
免费人成在线播放视频