CLOSE

言語センター

世界に通用する7言語を學べる、北の外國語大學。

21世紀の國際社會に対応した外國語教育を目指して。

本學は、前身の小樽高等商業學校以來、全國的に「北の外國語學校」という名で知られるほどの外國語教育の伝統を有し、早くから英語、ドイツ語、フランス語だけではなく、ロシア語、中國語、スペイン語、朝鮮語などの多様な言語を開設し、優秀な教育スタッフを揃え、コンピュータ支援語學実習室などの先進的な設備を整備し、多様な教授法を実現可能にする教育環境を構築してきました。

現在では、外國人留學生のための日本語を含めて、8言語が外國語科目、日本語科目として開かれています。1?2年次では、これらの外國語科目のほかに言語と密接に関連した、言語學や外國語文學、コミュニケーションに関連の科目(「基礎科目」)が開かれており、3年次から4年次においては、上級外國語などの授業のほか、研究指導も開講されています(「専門共通科目」)ので、入學してから卒業までの4年間にわたって実用的な外國語學習と異文化理解のための勉強ができるようなカリキュラムになっています。

英語の場合には、このほかに高等學校や中學校の英語科の教員免許のために必要となる、英文學、言語學、英語コミュニケーション、比較文化等の専門科目が相當數あります(「教職共通科目」)ので、英文科並の勉強ができると思います。

このような言語教育を支援するために、e-ラーニングシステムも備えたマルチメディアLLをはじめ、コンピュータ支援語學実習室、ブレンディッドラーニング教室など、外國語教育?學習の最新の環境が整備されているのも本學の特色といえます。

また、海外語學研修や交換留學なども積極的に語學教育の一環として取り入れておりますので、より実踐的な外國語の修得がしやすくなっています。

本學のもう一つの伝統である実學を重視した専門科目と合わせて外國語をしっかりと勉強することによって、國內はもちろん國際社會でも指導的役割を擔うことのできる人材の育成が本センター最大の目標です。 



資料
請求
免费人成在线播放视频